ウイルス対策ソフトの選び方を解説。無料と有料のセキュリティソフトの違いは?

ウイルス対策ソフト 選び方

ページの現在地

トップPC・家電・ネットの選び方ウイルス対策ソフトの選び方

PC・家電・ネット

ウイルス対策ソフトの選び方

オススメ広告・PC・家電の選び方アクセスランキング

ソニー銀行

ウイルス対策ソフトの選び方

ウイルス対策ソフトの種類

ウイルス対策ソフトは大きく分けて3種類

ウイルス対策ソフトには、価格別に「無料版」「有料版(更新無料タイプ)」「有料版(更新有料タイプ)」があります。

ウイルス対策ソフトの種類

  • 無料版…ダウンロードも更新も無料
  • 有料版(更新は無料)…初期購入時のみ料金が発生。購入後はずっと無料で更新できる。パッケージ版とダウンロード版があり、ダウンロード版の方が安い。
  • 有料版(更新も有料)…購入後、1年〜5年など一定期間で更新。更新時は料金がかかる。パッケージ版とダウンロード版があり、ダウンロード版の方が安い。

このうち無料版は、初期費用もランニングコストもかからず、もっとも安くウイルス対策を導入できますが、ウイルス検出機能に特化したソフトが多く、迷惑メール対策やファイアウォール等の機能が制限されています。また、ウイルス・スキャン中に広告が表示されたり、ユーザーサポートがない(もしくは英語のみの対応)、万一の場合の保障がないといったデメリットもあり、ある程度パソコンやウイルスに関する知識が必要になります。

一方の有料版は、導入時にコストがかかるぶん、迷惑メールや有害サイトを経由して侵入するウイルスに対してもブロック機能を持ち、個人情報の保護、ユーザーサポート等、手厚いサービスを受けることができます。また、総合セキュリティソフトの中には、パソコン内のデータを整理・最適化してくれるソフトや、データのバックアップを行えるソフトもあります。家電量販店等で購入できるパッケージ版と、オンラインでプログラムのみを購入するダウンロード版に分かれており、ダウンロード版の方がお得に購入することができます。

選び方トップに戻る

ウイルス対策ソフトの特徴

それでは、無料版・有料版それぞれの代表的なウイルス対策ソフトと、それぞれのソフトの特徴・おもな機能を見てみましょう。

おすすめのスマートフォン
  無料版 有料版・更新無料 有料版・更新有料
ソフト名 Microsoft Security Essentials avast! Free AntiVirus ウイルスセキュリティ ZERO スーパーセキュリティ ZERO ESET Smart Security ノートン インターネットセキュリティ ウイルスバスター クラウド
  Microsoft Security Essentials avast! Free AntiVirus ウイルスセキュリティ ZERO スーパーセキュリティ ZERO ESET Smart Security ノートン インターネットセキュリティ ウイルスバスター クラウド
ウイルス・スパイウェア検出率 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
迷惑メール × × ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
ファイアウォール × × ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
有害サイトブロック × × × ☆ ☆ ☆ ☆
フィッシング詐欺 × × ×
個人情報保護 × × ×
サポートの有無
(メール、電話、WebページQ&A)

(メール、WebページQ&A)

(電話、メール、WebページQ&A)

(電話、メール、WebページQ&A)

(電話、メール、WebページQ&A)

(電話、チャット、メール、WebページQ&A)

(電話、チャット、メール、WebページQ&A)
動作の軽さ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
インストール台数 無制限 無制限 1〜3台 1〜3台 1〜5台 3台 3台
価格 無料 無料 1台用:1,980円
3台用:4,980円→4,480円(10%OFF)
1台用:3,990円→3,790円(10%OFF)
3台用:9,980円
1台まで(1年間):3,360円
1台まで(3年間):4,800円→3,990円
5台まで(1年間):6,800円
5台まで(3年間):7,800円→5,985円
【ダウンロード版】
3台まで(1年版):6,480円
3台まで(2年版):10,980円
3台まで(3年版):17,580円→11,800円
【ダウンロード版】
3台まで(1年版):4,980円
3台まで(2年版):8,980円
3台まで(3年版):11,800円+2カ月延長
更新について 不定期・無料 1年・無料 不定期・無料 不定期・無料 1年or3年・有料 1年or2年or3年・有料 1年or2年or3年・有料
特徴 無料ソフトながら電話・メールサポートを実施。Windows OSとの相性が良い。ウイルス検出機能のみ。最低限のPC保護に向く 無料ソフトながら高い検出率。Mac用やAndroid用の無料ソフトも提供。ファイアウォールやアンチスパム機能が付いた製品版も販売 更新料が無料(OSのサポートが切れるまで)。ウイルス検出率・迷惑メールブロック機能は他のソフトに比べて見劣りするが動作は軽い トップレベルの高い検出率。更新は無料(OSのサポートが切れるまで)。オンライン限定で3台までインストールできるソフトを販売 検出率の高さと動作の軽さを両立。既知ウイルスはもちろん、未知ウイルスにも強い。有料ソフトの中ではリーズナブルな価格帯 世界シェアNo.1。有害サイトブロック、迷惑メール検出率が優秀。子供が見たサイトの詳細をチェックできる。価格はやや高め フィッシング詐欺・有害サイトブロックに優れ、Webサイト経由のウイルス感染や情報漏洩に強い。バックアップ用のオンラインストレージを公開
  NECへ NECへ NECへ NECへ NECへ NECへ NECへ

選び方トップに戻る

ウイルス対策ソフトの選びかた

このように、ウイルス対策ソフトには価格・機能ともに様々な種類があります。ウイルス対策ソフトを導入する際は、自宅のパソコンに必要な機能を持つソフトを選ぶことはもちろん、そのパソコンを使うユーザーのパソコン&ウイルス知識、そして、パソコンメンテナンスにかけられる手間と時間を考慮することも大切です。パソコンに詳しい人であっても、セキュリティの設定や万一感染した場合のウイルス駆除などに時間をとられたくない場合は、有償のウイルス対策ソフトにセキュリティを一任するのも一つの方法と言えるでしょう

こんな人におすすめ!ユーザー別のウイルス対策ソフト

【無料版】…パソコンのエキスパートでウイルス等はすべて見分けられる自信がある人。また万一感染したとしてもウイルス駆除ソフト等を使い自力で対応できる自信がある人

【有料版(更新無料)】…パソコンに関して一定以上の知識があり、ウイルス対策はサブ的な要素と考えられる人。コストを重視してパソコン初心者でこのソフトを選ぶ人がいるがそれは危険
【有料版(更新有料)】…パソコンにそれほど詳しくない人、インターネットを安全に使いたい人はこれを選択。さらにインターネットに不慣れな場合は有料サポートとクレジットカード不正使用の保障付きパックも検討の価値あり

選び方トップに戻る

まとめ

インターネットを通じて、簡単に世界とつながることが可能な今、パソコンはあらゆる情報・商品・コミュニティにアクセスできる便利なツールである反面、ウイルスや有害サイト・インターネット詐欺等の危険を呼び込む窓口にもなり得ます。

ウイルス対策ソフトは、感染症の予防接種と同じように、ウイルスからパソコンを守り、万一感染した場合もダメージを最小限に食い止めるための重要なリスク対策の一つ。
ウイルス対策ソフトの導入は、パソコンがウイルスに感染してからでは遅く、感染前の予防がもっとも大切です

ウイルスは日々進化しており、スマートフォンやタブレットにもメールやアプリを介して感染が広がっています。「自分だけは大丈夫」と思っても、ウイルスやインターネット詐欺の脅威は、決して侮ることはできません。
いざという時に後悔しないためにも、使用中のパソコン・スマートフォン・タブレットには信頼できるウイルス対策ソフトを導入し、大切なパソコンとデータを守りましょう。

ウイルス対策ソフトの口コミをチェックしよう!

ウイルス対策ソフトランキング・・・ウイルス対策ソフトを利用者の口コミでランキング!

選び方トップに戻る

▲ このページのトップへ戻る