おすすめの格安SIMを比較 一番お得な格安SIMカードはどれ?

格安SIM 比較 おすすめ

ページの現在地

トップPC・家電・ネットの選び方格安SIM比較

PC・家電・ネット

格安SIM比較

オススメ広告・PC・家電の選び方アクセスランキング

ソニー銀行

格安SIM比較

今話題の格安SIMとは?

格安SIMとは、携帯キャリアではなく、BIGLOBEやOCN、DMMモバイル、楽天モバイルなどの通信事業者(MVNO)が提供するスマホ向けの通信・通話プランのこと
ドコモ、au、ソフトバンクなど携帯キャリアは、自社で通信網(LTEや4G)を持ち、スマホ端末と通信・通話プランをセットで販売しています。一方BIGLOBEやOCN等の通信事業者は、ドコモやauから通信網を借り、通信・通話プランを携帯キャリアと比較して割安な料金で利用できる格安SIMを提供しており、スマホ端末は自分で用意するのが基本。ちなみに新しくスマホ端末を購入する以外にも、今まで使っていた端末に格安SIMを差す事で、そのスマホ端末を引き続き使うことができます。

はじめての方にとって、格安SIMの仕組みは複雑に思えますが、理解してしまえば決して難しい仕組みではありません。また、格安SIMには料金の面で非常に大きなメリットがあります。格安SIMをうまく利用すれば現在のスマホ料金を半額以下にする事もできるので、この機会に是非格安SIMについて勉強してみましょう!

月に1時間固定電話へ電話をするAさんの場合
携帯キャリアの月額料金 格安SIMの月額料金 格安SIM+1回5分以内に通話を抑えた場合の月額料金
au/iphone6 16GB DMMモバイル(音声通話付2GB) 楽天モバイル(音声通話付3.1GB)+5分かけ放題
電話カケ放題プラン:2,700円
インターネット接続料:300円
データ定額2GB:3,500円
計6,050円
基本料金:1,470円
通話料金:2,400円
計3,870円
月2,130円お得!
1年で25,560円お得!
※スマホ端末を新しく購入する人は+端末代
※初期費用3,000円

基本料金:1,600円 通話料金:無料
5分かけ放題オプション:850円
計2,450円
月3,600円お得!
1年で43,200円お得! オススメ!""
※スマホ端末を新しく購入する人は+端末代
※初期費用3,000円

選び方トップに戻る

格安SIMの選び方

格安SIMの種類は、データ通信専用のものと、音声通話機能が付帯しているものの2種類に分けられます。
音声通話機能が付帯しているものは、携帯キャリアと同じように090、080の番号を持つことができ、電話の受信・発信が可能です。また、格安SIMを利用する場合もMNP転入サービスを利用する事ができるので、今までと同じ携帯電話の番号を使い続けることができます

ちなみにデータ通信専用の格安SIMを利用する場合でも、IP電話アプリを利用する事で、固定電話・国内携帯への通話が可能です(※ただしフリーダイヤル(0120)や緊急電話(119、110)への発信は不可)。

データ通信専用格安SIMが向いている人

  • 電話を使わない or 無料通話アプリしか使っていない
  • 通話専用携帯と2台持ち
  • タブレット用の格安SIMを探している
  • 通信料金をできるだけ安く抑えたい

音声通話付格安SIMが向いている人

  • 1台のスマホで電話もネットもしたい
  • フリーダイヤルや緊急電話へも発信できるようにしたい

選び方トップに戻る

おすすめの格安SIMを比較

格安SIMを比較するポイントは 1基本&オプション料金 2データ通信プラン 3付帯サービスの3つ。
まずは普段のスマホの使い方から希望のデータ通信容量・速度を決定し、同じデータ通信容量・速度のプランの中で料金・付帯サービスを比較すると良いでしょう

データ通信容量・速度の目安は、外出先でほとんどスマホを使わない人や、Wi-Fiのモバイルルーターを持っている人であれば月1〜2GBの通信・通話プランで十分。Wi-Fiのない環境で動画視聴・オンラインゲームなど大容量データを受信するアプリを使いたい、家族間で格安SIMをシェアしたいという人であれば、4GB以上の通信・通話プランがオススメです。

データ通信専用 格安SIMs主要6社比較

  楽天モバイルオススメ!"" BIGLOBE LTE・3G OCNモバイルone DMMモバイルオススメ!"" mineo(マイネオ) DTI SIM
  楽天モバイル・画像 BIGLOBE LTE・3G・画像 OCNモバイルone・画像 DMMモバイル・画像 mineo(マイネオ)・画像 SIM LTE(DTI)・画像
  楽天グループの楽天モバイルが提供する格安SIM。格安SIMのプランの豊富さに加え、格安スマホのラインナップも充実。また音声通話の5分かけ放題プランを提供する等、他の格安SIMと比較してもサービスが充実。 大手プロバイダBIGLOBEの格安SIM。
2、5GBプランが特にコストパフォーマンスが良い。外出時の利用をサポートする、充実した公衆Wi-Fi網サービスが魅力。
業界トップの人気を誇る格安SIM。
1日単位の通信制限プランは使い勝手がよく便利。大容量プランのコスパも優れている。
オンラインDVDレンタルで有名なDMMが提供する格安SIM。他の格安SIMと比較しても全てのプランを最安値級で提供しており、利用者の評判は上々。また月額利用料の一部をDMMポイントで還元するサービスも魅力。 auとドコモの端末に対応した格安SIM。au、ドコモの端末のSIMロックを解除し、mineoの格安SIMを挿入すれば、新たなスマホ端末を購入することなく利用する事ができる。またパケットを家族だけではなく、友人や親せきと分け合えるサービスも好評。 業界内でもトップを争う低価格格安SIM。
ドコモの回線を使用し、月額最低600円からサービスを提供。音声通話付プランであれば、他の格安SIMと比較しても大部分のプランが最安値級になる。
価格 525円〜 900円〜 900円〜 440円〜 700円〜 600円
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円 2,990円 3,000円 3,000円
データ通信容量 ベーシック、3.1GB、5GB、10GB 2GB、5GB、8GB、10GB 70MB/日、170MB/日、3GB、5GB、10GB、15GB ライト、1GB、2GB、3GB、5GB、7GB、8GB、10GB、15GB、20GB 500MB、1GB、3GB、5GB、10GB 1GB、3GB、5GB、10GB
SIMカード枚数 1枚 10GBプランのみ最大3枚 最大1枚 ※追加手数料を払えば無制限 8GBプラン以上、最大3枚 最大1枚 最大1枚
割引 もれなく月額料金初月無料&100円につき1ポイント! BIGLOBEプロバイダを利用中の人は月々200円割引 選び方経由でAmazonの特別ページから購入すると最大90%OFF
OCN光を利用中の人は、月々200円割引
どのプランを選択しても他の格安SIMと比較し、割安!    
その他サービス 格安スマホ端末が充実 5分通話かけ放題オプションが月額850円 無料公衆Wi-Fiサービス マカフィー・モバイルセキュリティ12ヶ月間無料 モバイルWifiレンタル(有料) 利用金額の10%をDMMポイントで還元! 家族だけではなく、親戚や友人とも通信データ容量を分け合える! iPhone6Sでも動作確認済み

※価格は全て税抜き

 月額料金から更に割引 プロバイダ割引に注目

インターネット接続サービスを行っている通信事業者では、プロバイダ利用者の月額料金割引を実施している場合があります。
今回紹介した通信事業者の中では、OCN、BIGLOBE、@niftyの3社が格安SIMの月額料金から更に200円を割引。他の格安SIMと比較すると若干高いプランでも、割引によって最安値になることもあるので、現在利用しているプロバイダの格安SIMをチェックしてみましょう。

音声通話付 格安SIM 主要5社比較

  楽天モバイルオススメ!"" BIGLOBE LTE・3G OCNモバイルone DMMモバイルオススメ!"" DTI SIM
  楽天モバイル・画像 BIGLOBE LTE・3G・画像 OCNモバイルone・画像 DMMモバイル・画像 DTI SIM・画像
  楽天グループの楽天モバイルが提供する格安SIM。格安SIMのプランの豊富さに加え、格安スマホのラインナップも充実。また音声通話の5分かけ放題プランを提供する等、他の格安SIMと比較してもサービスが充実。 大手プロバイダBIGLOBEの格安SIM。
2、5GBプランが特にコストパフォーマンスが良い。外出時の利用をサポートする、充実した公衆Wi-Fi網サービスが魅力。
業界トップの人気を誇る格安SIM。
1日単位の通信制限プランは使い勝手がよく便利。大容量プランのコスパも優れている。
オンラインDVDレンタルで有名なDMMが提供する格安SIM。他の格安SIMと比較しても全てのプランを最安値級で提供しており、利用者の評判は上々。また月額利用料の一部をDMMポイントで還元するサービスも魅力。 業界内でもトップを争う低価格格安SIM。
ドコモの回線を使用し、月額最低600円からサービスを提供。音声通話付プランであれば、他の格安SIMと比較しても大部分のプランが最安値級になる。
価格 1,250円〜 1,400円〜 1,728円〜 1,140円〜 1,200円〜
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円 2,990円 3,000円
通話料 20円/30秒
※かけ放題プラン利用時は10円/30秒
20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒
データ通信容量 ベーシック、3.1GB、5GB、10GB 2GB、5GB、8GB、10GB 70MB/日、170MB/日、3GB、5GB、10GB、15GB ライト、1GB、2GB、3GB、5GB、7GB、8GB、10GB、15GB、20GB 3GB、無制限(高速通信)
割引 もれなく月額料金初月無料&100円につき1ポイント! BIGLOBEプロバイダを利用中の人は月々200円割引 選び方経由でAmazonの特別ページから購入すると最大90%OFF
OCN光を利用中の人は、月々200円割引
どのプランを選択しても他の格安SIMと比較し、割安!  
MNP対応
最低利用期間 12ヶ月 6ヶ月 6ヶ月 契約月の翌月末
(12ヶ月以内に解約すると利用期間に応じて解約料金を請求)
5ヶ月
その他サービス 格安スマホ端末が充実 5分通話かけ放題オプションが月額850円 無料公衆Wi-Fiサービス マカフィー・モバイルセキュリティ12ヶ月間無料 モバイルWifiレンタル(有料) 利用金額の10%をDMMポイントで還元! 音声通話付プランであればほとんどのプランが他の格安SIMと比較しても最安値!

※価格は全て税抜き

通信・料金プラン早見表(データ通信+音声通話機能有り)
楽天モバイル BIGLOBE LTE・3G OCNモバイルone DMMモバイル mineo(マイネオ)
※auプラン
DTI SIM
70MB/日 1,728円
170MB/日 2,245円
2GB/月 1,470円
3GB/月 1,600円 1600円 1,944円 1,500円 1,510円 1,490円
4GB/月
5GB/月 2,150円 2,322円 1,970円 2,190円 1,920円
7GB/月 2,560円
8GB/月 2,840円
10GB/月 2,960円 3,240円 2,950円 3,130円 2,900円
12GB/月 3,400円

※価格は全て税抜き

選び方トップに戻る

格安SIMの必須アプリ IP電話をチェック

毎月のスマホ料金を格安に抑えることができる格安SIMには、一つ弱点が存在します。それは、携帯キャリアの通信プランにはあった無料通話やかけ放題がなくなり、通話料が30秒につき20円かかってしまうということ。
試算すると、毎月1時間電話をする人の場合、2,400円の通話料がかかってしまいます。
そこで、格安SIMに欠かせないのが、IP電話アプリ。通信料を通常の半額以下に抑え、050の電話番号を持つことができます。IP電話を使うためには、サイト上で会員登録を行い、アプリをダウンロードするだけ。音声通話付格安SIMにしたい、データ通信端末でも電話をしたいという人は必ずチェックしましょう。

IP電話アプリ比較
  050plus(NTT) IP-Phone SMART(FUSION) 050call(亜太電信)
  050plus(NTT)・画像 IP-Phone SMART(FUSION)・画像 050call(亜太電信)・画像
  NTTコミュニケーションズのIP電話サービス。月額料金はかかるものの、固定電話への電話は断然お得。
留守番電話サービスも完備している。
月額料金がかからないIP電話。
通話料金が一律のため、月々の料金を把握しやすい。ただし新バージョンのOSへの対応は遅れがち。
通話料金の安さは業界トップクラス。
留守番電話サービスがない点には注意。
通話料 国内携帯:17円/1分
国内固定電話:8円/3分
国際電話:地域で異なる
50plus同士:無料
国内携帯:8円/30秒
国内固定電話:8円/30秒
国際電話:8円/30秒
IP-Phone SMART同士:無料
国内携帯:15円/1分
国内固定電話:8円/3分
国際電話:地域で異なる
050call同士:無料
月額料金 300円 0円 0円
※月間通話料金が315円を下回ると
315円を請求
留守番電話機能 ○(無料) ○(無料) ×
  このサイトへ行く このサイトへ行く このサイトへ行く

※価格は全て税抜き

選び方トップに戻る

格安料金だけではない 格安SIMの魅力

格安SIMは、携帯キャリアと比較して割安な料金が最大の魅力ですが、それ以外にも利点がいくつかあります。

1つ目は、通信・通話プランを簡単に変更できる点。例えば、月2GBの通信プランでは足りない場合は、会員サイトにアクセスし、簡単な手続きを行うだけで、データ通信容量の大きいプランに移行することができます。

2つ目は最低利用期間の短さ。携帯キャリアの場合、最低利用期間を2年間と定め、その更新月以外に解約すると1万円を超える解約金を支払わなければならないケースが多くあります。
しかし、格安SIMの場合は、最低利用期間が1年以内というパターンがほとんど。特にデータ通信専用プランは、最低利用期間がないものが大半です。解約のタイミング、解約金を気にしなくても良いのは嬉しいポイントでしょう。

スマートフォン

このように、格安SIMは、割安な料金に加え、自分自身に最適なプランをカスタマイズし、気に入らなければすぐに他社へ移行できるという自由度の高さも大きな魅力です。
初月の月額料金を無料にするキャンペーンを行っている格安SIMもあるため、格安SIMが気になる人は、まずは1ヶ月間試してみるという使い方もできます。

特に普段通話機能をあまり使用していない人や、外出先でスマホをあまり使わない人は、格安SIMを活用する事でスマホ料金を大幅に安くするチャンスです。この機会に格安SIMの利用を検討してみてはいかがでしょう。

選び方トップに戻る

格安SIM・格安スマホの選び方(参考サイト)

人気の格安SIM・格安スマホを比較し、ランキング。最適なプランをシミュレーションできるサービスも

選び方トップに戻る

▲ このページのトップへ戻る