カドー×クリティア おすすめウォーターサーバー新発売

ウォーターサーバー クリティア おすすめ

ページの現在地

トップ選び方 ニュース バックナンバー第21回 おすすめの新商品「カドー×クリティア」共同開発のウォーターサーバーに注目

選び方ニュース

選び方ニュース 第21回

おすすめの新商品「カドー×クリティア」共同開発のウォーターサーバーに注目

ミネラルウォーターの宅配サービスを手がけるウォーターダイレクトと家電メーカーのカドーが、新しいウォーターサーバーを共同開発。「cado×CLYTIAウォーターサーバー」を4月24日に発売しました。
「cado×CLYTIAウォーターサーバー」は、中にセットする水を定期的に購入するミネラルウォーターの宅配サービス「クリティア」専用のウォーターサーバー。「使う人のことを思って作り上げた、本当に使いやすいウォーターサーバー」をコンセプトに、機能・デザイン面での使いやすさを追求した、注目のウォーターサーバーです。

「cado×CLYTIAウォーターサーバー」 主な機能・デザイン3つの特徴

デザイン・サイズ

  • シンメトリー、陰影にこだわったデザインが特徴。操作パネルや、取水口、ボトルなどすべての機能をセンターに集約し、左右対称にしたことで、風格のあるデザインに。
  • 本体サイズは、300×386×1,150ミリ(幅×奥行き×高さ)で、重量24キロ。消費電力は、冷却時で80ワット、湯沸し時で350ワット。本体カラーは、ホワイト、ブラック、ボルドーの3色で、キッチンやリビングなど、インテリアに合わせて選ぶことができる。

◆〇箸い笋垢

  • 出水口の高さは床から約80センチ。自然な姿勢で水を注ぐことが可能。
  • ボトルは、女性や高齢の方にも優しい下置きスタイル。誰でも楽に安全に、設置可能。
  • 指一本で簡単操作。ボタンを押している間だけ水を出すことができる。
  • 無理のない視線で、注いでいる水の量を確認可能。
  • ウォーターサーバー内の水の分量や水温など、水の状態がLEDにより、一目でわかる仕様に。

 機能

  • 弱冷水モードで、水の温度を15度前後に設定可能。ぬるめのお水を飲みたい、健康に気を使う方におすすめ。
  • 電気料金が節約できるエコモード搭載。夜間や就寝時など、部屋が暗くなった状態を光センサーが感知し、自動的に温水タンクの電源がオフになる。(電気料金は、エコモードを利用すると、通常より約2割ほど少ない約504円/月)
  • 再加熱機能により、通常83度前後の温水を一時的に90度前後に上げることが可能に。冬場など、温かい飲み物を飲みたいときに使いたい便利機能。

◆ 「cado×CLYTIAウォーターサーバー」お得な利用料金プラン

「cado×CLYTIAウォーターサーバー」は、本体価格46,656円(税込)。
従来のウォーターサーバーは、レンタルタイプのものが主流ですが、「cado×CLYTIAウォーターサーバー」は、本体を購入する方式を採用。本体を購入したユーザー向けに3年契約の「ずっとクリティアプラン」を用意しています。このプランを利用すると、ウォーターサーバーのボトルの値段が1本あたり通常1,566円(税込)の価格から、324円(税込)安くなるため、3年間利用する事で、割引額が本体購入分に相当します。
ちなみにこのプランを選択した場合、初回事務手数料が3,240円(税込)、途中解約手数料は13,500円(税込)かかるので注意が必要です。
本体の購入は、一括払いのほか、12・24・36回の分割払いも可能で、分割払いの際の分割手数料はウォーターダイレクトが負担することになっているので、分割払いでも利用しやすくなっています。

◆ まとめ

「cado×CLYTIAウォーターサーバー」は、機能・デザインにこだわったウォーターサーバー。
現在、ウォーターサーバーの市場は、年々増加傾向にあるものの、ウォーターサーバーを導入している人はまだまだ少数であり、ウォーターダイレクトの調査によると、約79.5%が、「ウォーターサーバーを知っているが利用したことがない」と答えています。
機能やデザイン面にも工夫を凝らし、家庭用に使いやすく設計された「cado×CLYTIAウォーターサーバー」は、「ウォーターサーバーを知っているけれど利用したことがない」という方にとって、おすすめの製品と言えるでしょう。

選び方ニュース バックナンバー

オススメ広告・マネー・お得アクセスランキング

ソニー銀行

暮らし・生活の選び方 アクセスランキング

▲ このページのトップへ戻る