自転車は通勤やサイクリングなど使う用途によって選ぼう。初心者におすすめの自転車の選び方をチェック

自転車 選び方

ページの現在地

トップ暮らし・生活自転車の選び方

暮らし・生活

自転車の選び方

オススメ広告・暮らし・生活の選び方アクセスランキング

ソニー銀行

暮らし・生活の選び方 アクセスランキング

自転車の選び方

利用シーンと予算

初心者は要チェック!シーンと予算で選ぶ自転車

自転車を選ぶときは、利用するシーンと予算を考えて購入する自転車を決める必要があります。
自転車には大きく分けて「普通車」と「スポーツ車」の2種類があります。
「普通車」は通勤や通学、買い物などの日常的なシーンで利用される自転車。耐久性に優れ、乗り心地が安定しているため、子供から大人まで幅広い年代に人気がある一方で、自転車の重量が重く、長距離の走行には向きません。
「スポーツ車」は長距離のサイクリングやレースなどで利用される走行性に優れた自転車です。重量が軽いためスピード走行が可能ですが、高価な軽量パーツが多く使用されているため、普通車と比較すると価格が高く、定期的なメンテナンスが必要です。

<自転車の種類と特徴>
普通車 スポーツ車
シティサイクル(ママチャリ) 電動アシスト自転車 ロードバイク クロスバイク マウンテンバイク
シティサイクル 電動アシスト自転車 ロードバイク クロスバイク マウンテンバイク
特徴 近距離の通勤や通学、買物など日常生活に適した自転車。「ママチャリ」と呼ばれており、女性が乗りやすいフレームの形状と、座り心地のよい幅広のサドルで楽に走行できる。多くの自転車に泥よけカバーや荷台・ライトなど必要な装備がついている。近年はお洒落なビジュアルのものも多い。長距離や高速走行には向かない 電気モーターとバッテリー(充電池)が走行を補助することで楽にこげる自転車。女性や高齢者に人気が高い。坂道はもちろん、重い荷物を積んだ状態でも安定した走行が可能。近年はバッテリーの大容量化と長寿命化が進み、機能性が高くなっている。1〜2年でバッテリー交換が必要になる点や値段が高価な点がデメリット 長距離走行向けの自転車で、スムーズな加速が可能。速度を出すために軽量素材が使われており、プロの自転車レースにも採用されている。タイヤが細いため、舗装された道路での走行が基本。走行時の前傾姿勢は初心者には慣れるまで難しい。高価な軽量パーツがふんだんに使用されたプロ用の自転車は100万円を超えるものもある 長距離の通勤や通学、サイクリングまで幅広いシーンに対応できる初心者におすすめの自転車。電動アシスト機能がついたタイプもある。機能的には、軽快なロードバイクと頑丈なマウンテンバイクを足して2で割ったイメージ。走行時は前傾姿勢となるがロードバイクよりも乗りやすい。シティーサイクルよりも少し細い安定感のあるタイヤが特徴 未舗装道路や山道の走行に適したアウトドア向けの頑丈な自転車。安定感のあるタイヤと衝撃を吸収するサスペンションが特徴。低いギヤから高いギヤまで幅広いギヤ選択が出来るため、他の自転車と比較してより柔軟な走行が可能。丈夫で故障が少なく、乗る場所を選ばないが、ロードバイクと比較すると車体が重く、タイヤが太いため疲れやすい
人気の価格帯 3万円台 8万円〜12万円台 15万円〜30万円台 7万円程度 7万円程度

近年は、持ち運びに便利な折りたたみ自転車や小径自転車も注目されています。どちらも軽量で置き場に困らないコンパクトさとおしゃれな外観が人気。短距離の通勤・通学に向く一方で、長距離走行に向かないなど折りたたみ・小径タイプゆえの短所も見られます。

選び方トップに戻る

サイズの選び方

身長に合ったサイズの自転車を選ぼう

自転車を購入する際、特に気をつけたいのがサイズ選びです。身体に合ったサイズの自転車を選ぶかどうかで、自転車の乗り心地は大きく変わります。

一般に、自転車のサイズは乗る人の身長と自転車のタイヤ(車輪)サイズによって決まります。ただし、車輪のサイズと適応身長は、メーカー(車種)によって細かく異なるため、購入前は必ずサイズ表を確かめるか、自転車ショップのスタッフに確認しましょう。

ちなみに、子ども用の自転車は体にぴったり合ったサイズか少し大きめ(サドルにまたがった時につま先が付く程度)のサイズを選ぶのがおすすめです。
乗ったときの快適さはもちろん、自転車の上達のためにも子どもの身長に合った自転車を選ぶことはとても大切です。

<自転車のサイズ早見表>

車輪サイズ シティサイクルの適応身長 MTB・クロスバイクの適応身長
13インチ 135〜155cm(155cm以下)
14インチ 95〜114cm 140〜160cm(150cm台)
15インチ 150〜170cm
16インチ 101〜119cm 150〜170cm(160cm台)
16.5インチ 155〜175cm
17インチ 165〜180cm
18インチ 106〜123cm 170〜185cm
19インチ 170〜190cm
20インチ 114〜137cm 180〜195cm
22インチ 126〜145cm
24インチ 137cm以上
26インチ 140cm以上
27インチ 150cm以上
28インチ 156cm以上

選び方トップに戻る

お得に購入する方法

自転車をお得に購入する方法とは?

欲しい自転車の種類とサイズは決まったけれど、どのメーカーの自転車にすればよいか分からない・・・という悩みを持つ初心者におすすめなのがオンラインの自転車ショップです。店舗型の自転車ショップに比べて自転車の在庫数が多く、国内外のモデルも豊富に揃っているうえ、高価なスポーツタイプの自転車や電動アシスト自転車もディスカウント価格で購入可能
複数の自転車を「サイズ」「カラー」「価格」「メーカー」などで比較できるのはもちろん、自転車の選び方が分からないという初心者のために「通学・通勤用」「ツーリング向き」などの用途別に自転車を選ぶこともできます。
欲しい自転車のメーカーや車種が決まっている場合でも、オンラインショップを利用することで同じモデルをさらにお得に購入できる場合もあるため、自転車の購入を検討している人はチェックしてみましょう。

おすすめの自転車ショップ
マルスマート
マルスマート
  国内外の自転車を最大81%OFF&全品送料無料で購入できるオンラインの自転車ショップ。ママチャリを始め、折りたたみ自転車やマウンテンバイク等のスポーツ車、高価なロードバイクもお手ごろ価格で販売している。それぞれの商品ページには豊富な商品画像と、初心者が自転車を選ぶうえで役立つ店長の一言コメントを掲載。初心者はもちろん、ワンランク上の自転車を購入しようとしている人にも満足度の高い自転車ショップ
送料 自転車全品送料無料オススメ!
パーツやアクセサリは全国一律630円
  SUUMO(スーモ)

選び方トップに戻る

自転車の保険

万が一の事故・盗難に備えて自転車保険に加入しよう

健康志向やエコ意識の高まりから自転車を利用する人が増える一方で、自転車事故とそれに伴う高額賠償が社会問題となっています。
自転車は交通法で「軽車両」に分類されており、スピードが出た状態で事故を起こした場合、大きな事故に発展するケースが少なくありません。特に自転車の初心者や、通勤・通学で毎日自転車を使用する人は、万一の事故や自転車の盗難に備えて、自転車保険に加入しておくと安心です。
自転車保険は月々数百円と手頃な保険料のものが多く、オンラインで加入手続きがすむ自転車保険もあるなど、手軽さが特徴。自分のニーズに合う自転車保険を見つけて、充実した自転車ライフを送りましょう。

自転車保険選びに役立つ各社の特徴をチェック
ジャパン少額短期保険
「ちゃりぽ」
チューリッヒ
「スーパー傷害保険Lite」
日本交通管理技術協会
「TSマーク付帯保険」
ちゃりぽ 出光カードまいどプラス ANA・アメリカン・エキスプレスカード
ちゃりぽ スーパー傷害保険Lite TSマーク付帯保険
ジャパン少額短期保険の自転車保険。月額260円からのリーズナブルな保険料が魅力。自転車事故をカバーする「自転車あんしん保険」と、自転車の盗難に備える「自転車盗難保険」の2種類を販売しており、「自転車あんしん保険」は自動車や電車、バス、飛行機など自転車以外の乗り物との接触事故や搭乗中の事故も補償。事故による入院・死亡・個人賠償(最高1,000万円まで)をカバーする。「自転車盗難保険」は自転車が盗難に遭った場合の購入費用を5,000〜50万円の範囲内で補償。どちらの保険も年齢を問わず加入でき、ネットで手続き可能。初心者はもちろん自転車に乗る機会が多い人は要チェック チューリッヒの自転車保険。自転車の事故に限らず交通事故全般(電車・自動車・バス等)をカバー。国内外の交通事故による入院・手術・通院・死亡・後遺障害に対応している。保険プランは「ベーシックプラン」「リーズナブルプラン」「フリープラン」の3種類。それぞれのプランは、被保険者本人のみ保険が適用される「パーソナルタイプ」、配偶者も適用される「夫婦タイプ」、同居の家族・親族まで補償する「ファミリープラン」に分かれる。さらに年間850円の「賠償責任特約」を追加した場合、最高5,000万円までの損害賠償も補償。インターネットからの加入申込みで保険料が1,000円引きとなる 自転車安全整備士による点検・整備を受けた自転車に貼付される「TSマーク」に付帯した保険。自転車の購入時や定期点検時に500〜2,000円程度の料金を支払い、整備・点検を受けることで加入できる。自転車の車両本体にTSマークが貼られるため、所有者だけでなくその自転車に乗るすべての人に保険が適用される。「青色TSマーク(第一種)」と「赤色TSマーク(第2種)」の2タイプに分かれ、補償内容は「赤色TSマーク」の方が手厚く、個人賠償責任保険は最高2,000万円まで補償。初心者はもちろん、通勤・通学で自転車の利用が多い人は、他の自転車保険と合わせての加入がおすすめ

選び方トップに戻る

自転車の選び方(参考サイト)

参考:自転車に乗る人は備えておきたい自転車保険を比較

選び方トップに戻る

▲ このページのトップへ戻る