火災保険の選び方を解説

火災保険の選び方を解説

ページの現在地

トップ保険の選び方火災保険の選び方

保険の選び方

オススメ広告・保険の選び方アクセスランキング

ソニー銀行

保険の選び方 アクセスランキング

 

火災保険の選び方

補償の内容

住宅を取り巻くリスクを洗い出そう

火災保険を選ぶ時には、最初に、自分の家が被害をこうむる可能性のある災害について洗い出しましょう。たとえば、住宅が河川の近くや埋立地に建っている場合は、洪水による水害や地盤沈下などの危険性が高まるため、水災の補償を検討すると良いでしょう。また、地震や土砂災害で崩れそうな場所が近くにあったり、近所での空き巣被害や車の飛び込み事故が多い場合なども要注意です。

このような住宅のリスクを正確に予測することは不可能ですが、各自治体が公表している洪水・高潮・地震・土砂災害・火山などのハザードマップや、警察の犯罪情報(犯罪マップ)などが、住宅周辺の危険度をはかる上での参考になります。

国土交通省「洪水ハザードマップ」

<火災保険のおもな補償内容>

火災リスク 火災・落雷・破裂・爆発 失火・放火・隣家からの飛び火、落雷、ガス爆発などによる損害、消火活動に伴う放水などで受けた損害
風災リスク 風災・ひょう災・雪災 台風、旋風、暴風、暴風雨、竜巻、ひょう、豪雪、なだれ等で受けた損害
水災リスク 水災 台風や暴風雨などが原因でおこる洪水・高潮・土砂崩れ等で受けた損害
※損害額が再調達価額の30%以上となった場合、または床上浸水を被った場合など、保険会社により規定が異なる
その他
(保険会社によって区分の方法が異なる)
盗難 強盗、窃盗、またはこれらの未遂により盗取、(物理的な)損傷、汚損を受けた場合
水濡れ 給排水管設備の事故、他人の戸室で生じた事故等で受けた損害
物体の落下・飛来・衝突・倒壊 建物外部からの物体の飛来、落下、衝突(車の飛び込み等)で受けた損害
騒じょう・労働争議 デモなどの騒じょう等に伴う破壊行為で受けた損害
破損・汚損 上記以外の不足かつ突発的な事故で受けた損害
諸費用 (費用保険金) 臨時費用、失火見舞費用、地震火災費用、水道管凍結修理費用など。火災・風災・水災・水濡れ等の損害保険金が出る場合に、宿泊先を確保するなどの臨時の出費に充当できる一時金
「地震火災費用」は、地震を原因とする火災で建物が半焼以上(家財は全焼)になった場合など、保険会社により規定が異なる

選び方トップに戻る

補償の対象

建物と家財、それぞれの補償を選ぶ

火災保険の補償は、建物と家財で分かれています。住宅が火事で全焼した場合、建物にかけた保険と家財にかけた保険から、それぞれの保険金が支払われますが、仮に建物のみ補償をかけて家財が無保険だった場合は、家財部分についての補償は受けることができません。火災は火の元によっては建物・家財ともに被害を受ける可能性が高いため、家財部分にもかけておくのがおすすめです

ただし、火災保険のすべての補償が、建物と家財の両方に必要かというと、そうではありません。たとえば、台風や雪などの被害に備える「風災」は、建物には必要でも屋内にある家財には不要というケースもあります。住宅のリスクを洗い出したあとは、それぞれの補償が建物と家財の両方に必要かどうかもチェックしてみましょう。

<火災保険の建物と家財の範囲>

建物 建物、基礎工事、門、へい、畳建具、造作、物置、自家用車専用車庫など
家財 建物内部に収容される物品
(家具・家電・書籍・衣類・CD・DVDなど)
※ただし宝石・貴金属・骨董品等で30万円を超えるものは、別途明記

<住宅を取り巻くおもなリスク>

一戸建て マンション
建物
  • 立地(海や河川・崖の近く、埋立地など)
  • 隣家との距離
  • 家の前の道路状況や車の往来(飛び込み事故の有無など)
  • 周囲の治安(オートロック・防犯カメラなどの設備も考慮)
  • 立地(海や河川・崖の近く、埋立地など)
  • 一戸建てと比較すると類焼や水濡れ事故等の危険が高い
  • 高層階は水害の危険が少なめ
  • 風災の被害も受けにくい
  • 専有部分(自分の部屋)と共有部分(玄関ホール、階段など)があり、自分で加入するのは専有部分
  • 周囲の治安(オートロック・防犯カメラ・警備員の有無等も考慮)

選び方トップに戻る

補償額

いくらの補償を準備すればいい?

火災保険の補償額は、その住宅の「取得価額」や「評価額」でかけるのが一般的です。建売や注文住宅であれば、購入時や建築時にかかった費用、また、中古住宅などで建築費用が不明な場合は、面積や構造・使われている建材等によって補償額の上限・下限が決まります。

一昔前の火災保険は、建物を時価評価額で補償していたため、このような方法で補償額を決めても時間が経つと少しずつ補償額が下がるという欠点がありましたが、現在、ほとんどの火災保険は、再調達価額(再び同じ住宅を建てる場合に必要な費用)で補償されます。つまり、急激な物価の変動が起きない限りは、設定した補償額が契約終了まで継続することになります。また、補償額の上限・下限の範囲内であれば、契約者がある程度自由に補償額を決められる保険も多くなっています。

建物の補償額…住宅の取得価額(建売であれば購入時の価格、注文住宅であれば建築費用など)。中古住宅等で建築費用が不明の場合は、延床面積・屋根や柱の材質をもとに計算された金額を使う場合もある

家財の補償額…住居者の年齢や家族構成をもとに保険会社が用意している目安表から選ぶことが多い。契約後も増減できるため、家財や家族構成の変化に合わせて3〜5年等の短期で見直すのがおすすめ

補償額の豆知識

宝石や絵画といった高額な美術品は、家財の中でも特別な「明記物件」として扱われます。家の中に明記物件に相当する物品がある場合は、契約時に申告して保険証券に記載をしてもらう必要があり、記載がない場合は補償の対象外となります。

【明記物件に含まれるもの】

1.貴金属、宝玉および宝石ならびに書画、骨董、彫刻物その他の美術品で、1個または1組の価額が30万円を超えるもの
2.稿本、設計書、図案、証書、帳簿その他これに類するもの ちなみに、明記物件は100万円までの物品を対象としている場合が多いため、これを超える高価な物については、火災保険ではなく専用の保険(動産総合保険など)を利用する必要があります。

選び方トップに戻る

保険期間

契約年数は何年にするか

火災保険は、原則として1年更新の損害保険ですが、3〜30年といった長期間の契約も広く行なわれています。火災保険に長期契約が多い理由は、一つには住宅ローンとの兼ね合い。もう一つは、長期契約をすることで保険料が割引されるためです。たとえば、住宅ローン返済中に住宅が火事になった場合、家が全焼してローンだけが残るといったことがないよう、保全の意味で長期の火災保険に加入するケースがあります。長期契約では、所定の「長期係数」によって保険料が割引かれ、保険期間が長いほど割引率も大きくなります。

一方、1年間の短期の火災保険は、補償の見直しがしやすい点(水災や盗難を追加するなど)や、保障内容を忘れにくい点がメリット。また、保険期間が短い分、1回に支払う保険料が少なくすむという利点もあります。ただし、長期的に見れば保険料が割高になり、毎年更新書類が送られてくるなどの煩雑さもあるため、長期と短期、それぞれのメリットとデメリットを比較した上で、自分の家庭にあった期間に設定しましょう。

短期契約(1年間)のメリット・デメリット

【メリット】

  • 補償の見直しが簡単
  • 契約内容を忘れにくい
  • 一時的な保険料の負担が少ない

【デメリット】

  • 長期視点では保険料が割高になる
  • 月払い契約などで口座振替ができなかった場合、事故の際に免責になる場合がある

長期契約(3〜36年)のメリット・デメリット

【メリット】

  • 長期視点では保険料が割安になる
  • 契約更新の煩雑さがない

【デメリット】

  • 補償の見直しがしずらい
  • 契約内容を忘れやすい
  • 一時的な保険料の負担が大きい(一括払い等)

選び方トップに戻る

保険料

必要な補償をできるだけ安く準備するには

火災保険の保険料を節約するには、以下の2つの方法があります。

  • 不必要な補償をはずす
  • 割引制度を利用する

これまで見てきたように、火災保険の補償の中には、住宅のケースによって不必要な補償があります。たとえば、高層階のマンションでは、床上浸水の危険が小さいため、水災の補償は必ずしも必要ではありません。このような補償をはずすことで、火災保険の保険料を抑えることができます。
火災保険には、複数のプランから自分の家に合ったプランを選択できる保険や、基本補償以外の補償を自由に組み合わせられる保険があり、必要な補償のみをピックアップして保険料を節約することができます

また、耐火構造やオール電化の住宅、新築の住宅などは、保険会社によって割引プランを設けているため、これらの割引制度も活用してみましょう。

主な火災保険を比較
セゾン
『じぶんでえらべる火災保険』オススメ!
AIU保険
『スイートホームプロテクション』
三井住友海上
『GKすまいの保険』
東京海上日動
『トータルアシスト住まいの保険』
セゾン『じぶんでえらべる火災保険』 スイートホームプロテクション 三井住友海上『GKすまいの保険』 東京海上日動『トータルアシスト住まいの保険』
セゾン自動車火災保険の火災保険。基本補償(火災・落雷・破裂・爆発)以外をすべて自由にカスタマイズできるため、はずしたい補償がある場合や火災保険の保険料を抑えたい場合に有利。インターネットでの簡易見積もりが可能 AIU保険の火災保険。セゾン同様、基本の補償(火災・落雷・破裂・爆発)以外の補償を住宅のリスクに合わせてオーダーメイドできる。耐火性能割引・オール電化割引など、各種の割引も充実 三井住友海上の火災保険。2つの補償プランから6つの補償プランまで豊富なバリエーションが特徴。床暖房や給湯設備の故障も特約でカバーできる。水災補償型は他のオールインワン型の火災保険よりもリーズナブル。 東京海上日動のオールインワン型の火災保険。補償の充実度はトップクラスだが、不要な補償のつけはずしができない点がネック。全方位のリスクに備えたい場合におすすめ。
プラン名 ストレートファイヤー 火災リスク限定 2つの補償プラン 戸建スタンダード
基本補償
  • 火災・落雷・破裂・爆発(※損害防止費用、残存物取片づけ費用含む)
  • 火災・落雷・破裂・爆発
  • 損害防止費用保険金
  • 火災・落雷・破裂・爆発
  • 風災・ひょう災・雪災
  • 事故時諸費用特約(付けはずし可能)
  • 地震火災費用特約
  • バルコニー等修繕費用特約(分譲マンションの場合)
  • 火災・落雷・破裂・爆発
  • 風災・ひょう災・雪災
  • 水災
  • 水濡れ
  • 建物外部からの物体の飛来・落下・衝突
  • 騒じょう・労働争議などによる暴行・破壊
  • 盗難
  • 残存物取片づけ費用保険金
  • 修理付帯費用保険金
  • 損害拡大防止費用保険金
  • 請求権の保全・行使手続費用保険金
  • 失火見舞費用保険金
  • 水道管凍結修理費用保険金
  • 地震火災費用保険金
選択補償・
特約
  • 風災・ひょう災・雪災(※残存物取片づけ費用含む)
  • 水災
  • 盗難に伴う破損・汚損
  • 水ぬれ、物体の落下、騒じょう等(※残存物取片づけ費用含む)
  • 諸費用(臨時費用、失火見舞費用、地震火災費用)
  • 類焼損害(支払限度額1億円)
  • 個人賠償責任(支払限度額1億円)
  • 風災・ひょう災・雪災
  • 水災
  • 物体の落下・飛来・衝突等、水濡れ、労働争議に伴う破壊行為
  • 盗難
  • 不測かつ突発的な事故(破損、汚損など)
  • 地震火災費用保険金
  • 個人・受託品賠償責任補償特約
  • ドアロック交換費用補償特約
  • 防犯装置設置費用補償特約
  • 建て替え・取り壊し費用補償特約
  • 臨時賃借・宿泊費用補償特約
  • 敷地内構築物修理費用補償特約
  • 類焼損害補償特約
  • バルコニー等修理費用補償特約
  • 持ち出し家財補償特約
  • 美術品の明記に関する特約
  • i・セキュア(支払い用カード・個人情報不正使用被害等補償特約)
  • 水災
  • 水ぬれ
  • 盗難
  • 破損・汚損等
  • 建物電気的・機械的事故特約
  • 屋外明記物件特約
  • 家財明記物件特約
  • 失火見舞費用特約
  • 類焼損害・見舞費用特約
  • 日常生活賠償特約
  • 受託物賠償特約
  • 破損などの偶然な事故による損害
  • 個人賠償責任補償特約
  • 臨時費用補償特約
  • 類焼損害補償特約
  • 携行品特約
  • 火災・盗難再発防止費用補償特約
保険期間 1〜10年 1〜36年 1〜36年 1〜5年(5年以上は要相談)
割引制度 -
  • 耐火性能割引
  • オール電化住宅割引
  • 発電エコ住宅割引
  • 新築物件割引
  • ノンスモーカー割引(保険期間1年の場合のみ)
  • 建築年割引
  • 耐震等級割引
  • 免震建築物割引
  • 耐震診断割引
  • 建築年割引
  • 耐震等級割引
  • 免震建築物割引
  • 耐震診断割引
  • 建築年割引
  • 耐震等級割引
  • 免震建築物割引
  • 耐震診断割引
保険料* 53,530円/10年間 81,060円/10年間 127,152円/10年間 167,340円/10年間
セゾン『じぶんでえらべる火災保険』 AIU保険『スイートホームプロテクション』 三井住友海上『GKすまいの保険』 東京海上日動『トータルアシスト住まいの保険』

*【試算条件】保険期間:10年間 支払方法:一括払い 建物保険金:1,420万円 一戸建て:神奈川県 築5年 延床面積79.81屐H構造(※建物部分の基本補償のみで比較)

火災保険の選び方(参考サイト)

参考:火災保険の保険料及びサービス内容を比較

選び方トップに戻る

▲ このページのトップへ戻る