自動車保険の選び方を解説

自動車保険の選び方

ページの現在地

トップ保険の選び方自動車保険の選び方

保険の選び方

オススメ広告・保険の選び方アクセスランキング

ソニー銀行

保険の選び方 アクセスランキング

 

自動車保険の選び方

補償の内容

補償の内容を整理して、保険のかけすぎや補償もれを防ごう

自動車保険の補償内容は、以下の3種類の保険に分かれます。

  • 第三者(通行人や相手のドライバー、車・道路・建物など)への補償
  • 自分や同乗者への補償
  • 車への補償

1.の補償には「対人賠償保険」と「対物賠償保険」があります。どちらも任意の自動車保険の中でもっとも重視される補償です。特に、自分の車で相手を死亡させてしまった場合や、店舗などを破損させた場合は、億単位の賠償額が請求されることもあり、この2つの補償は「無制限」でかけられるケースが増えています。

2.は、運転者本人や家族・同乗者を補償してくれる保険。このうち「自損事故保険」と「無保険車傷害保険」は、任意の自動車保険(自損事故保険は任意の自動車保険の対人賠償保険部分)に自動で付帯しています。
また、「搭乗者傷害保険」と「人身傷害補償保険」は、一見似た補償のように思えますが、保険金の支払われ方に違いがあります。搭乗者傷害保険は、相手との示談成立後に、あらかじめ決められた一定額の金額(入院時5,000円/日など)が払われ、人身傷害補償保険は、示談の成立を待たず、治療や修理費等にかかった実費が補償額の範囲内で支払われます。また、契約者やその家族が他の車に乗っていた場合や、歩行中に交通事故に遭った場合も補償の対象となります
この2つの補償を選ぶ場合は、保険料も考慮した上で、それぞれの補償の内容を比較して自分に必要なほうを選びましょう。

3.は、車の破損や盗難をカバーする「車両保険」です。他の補償とは異なり、台風や洪水時の被害も補償の対象となります。保険料はやや割高ですが、補償の範囲を限定する(車同士の接触による破損に限るなど)で、保険料を抑えることができます。

<自動車保険の補償内容>

第三者への補償 対人賠償保険 他人を死傷させた場合の損害賠償に備える保険。対象は歩行者・相手の車に乗っていた人・自分の車に同乗していた人(運転者およびその家族は除く)
対物賠償保険 他人の車や建物・ガードレール等に損害を与えた場合の損害賠償に備える保険(運転者やその家族が所有する物は除く)
自分や同乗者への保険 自損事故保険 単独事故や自損事故により搭乗者が死傷した場合に備える保険。対人賠償保険に自動付帯。使用するとノンフリート等級が3つダウンする。搭乗者傷害保険に加入している場合はダブルで請求できるが、治療費等に利用する場合は等級に影響のない「搭乗者傷害保険」のみを請求した方がお得な場合も
無保険車傷害保険 任意保険に入っていない車との事故で搭乗者が死傷した場合に備える保険。任意保険に自動付帯。当て逃げなど相手が不明の場合にも適用される。
搭乗者傷害保険 補償対象の車に搭乗中の事故で、運転者や同乗者が死傷した場合に備える保険。過失割合が100%の事故や単独事故の場合でも補償され、自賠責や相手側の保険金とも合算される。日数払いと部位症状別払いがあり、契約時に定めた一定の金額(日額5,000円など)が支払われる。保険を使っても等級に影響がない。
人身傷害補償保険 補償対象の車に搭乗中の事故で死傷した場合に備える保険。自分の過失分や単独事故の場合も補償され、治療費や逸失利益などの実際の損害額が、補償額を限度に、相手との示談を待たずに支払われる。運転者と家族は、他人の車に搭乗中や歩行中の自動車事故で死亡・ケガした場合も補償の対象となる(搭乗中のみ補償するプランにも変更可能)。保険料はやや割高
自分の車への補償 車両保険 補償対象の車の損傷や盗難に備える保険。台風や洪水時の被害も対象となる(ただし地震・噴火・津波は対象外)。保険料はやや割高。補償内容を絞って保険料を抑えたタイプもある。

選び方トップに戻る

事故対応

事故時のサポート体制は、受付時間や担当制をチェック

自動車保険を選ぶ際に重視したいのが事故対応です。自動車保険の事故対応には、保険会社が事故発生の連絡を受理する「事故受付」のほか、被害者への連絡や代車の手配・医療機関への連絡などを行う「初期対応」、そして、相手との示談交渉や保険金の支払いなどを行なう「事故対応」があります。

このうちの事故受付については、現在、ほとんどの保険会社が24時間365日体制で対応可能。ただし、初期対応については、9:00〜21:00や平日のみなど制限のある会社もあり、深夜や休日の事故に充分対応できない場合があります。万一の事故の際のサポートをしっかり受けるためにも、自動車保険の事故対応では、「初期対応」と「事故対応」の受付&対応時間をチェックしておきましょう

また、1事故1担当制か、1事故1チーム制かでも、事故対応の手際やスピードが影響を受ける場合があります。チーム制の保険会社は、事故対応のためのスタッフやサービス拠点が少なく、さらにチーム間の連携がうまくいっていないと情報がスムーズに伝わらない可能性があるため、できれば1事故につき専任担当のつく自動車保険がおすすめです。

選び方トップに戻る

ロードサービス

日常的なトラブルにはどこまで対応している?

自動車保険は事故だけでなく、バッテリー上がりや鍵の閉じ込み、ガス欠などの日常的なトラブルにも対応しています。これらのロードサービスの使い勝手も、自動車保険を選ぶポイントの一つ。サービス拠点や指定修理工場は、保険会社ごとに数が異なりますが、多いほうが安心です

また、車故障時のレッカーサービスも、保険会社によって一律○kmまでというように距離を定めたものから、保険会社の指定工場までであれば距離を問わず無料のものもあります。これらのサービスを比較して、自分の車に必要と思われる補償を選びましょう。

選び方トップに戻る

保険料

割引制度を使って上手に保険料を抑えよう

自動車保険の保険料を抑えるには、保険会社が提供している各種の割引を利用すると良いでしょう。たとえば、ゴールド免許所持者やノンフリート等級の高いドライバー、休日やレジャーでのみ車を使う家庭、家族の中で運転する人が決まっている場合などは、多くの保険会社で割引がききます。
そのほか、ABS装置やエアバッグ、盗難防止装置(イモビライザー)などが搭載されている場合に保険料を割引く会社や、次年度継続で保険料を割引する会社など、保険会社によってさまざまな割引制度があります。

なお、代理店を経由しない直販型の自動車保険は、人的コストが少ない分、実店舗型の大手損害保険会社に比べて保険料が割安です。また、インターネット経由で申し込みを受け付けることで、保険料を5,000〜10,000円以上割引く会社もあるため、自動車保険料を少しでも安くしたい場合は見積もりをとってみると良いでしょう。 ただし、直販型の自動車保険の中には、大手損保と比較すると事故対応時のサービス拠点が少ないものや、示談にあたる交渉スタッフの数が充分でない会社もあるため、保険料だけでなく、事故対応・ロードサービス等もチェックしたうえで検討するのがおすすめです

主な自動車保険を比較
SBI損保(自動車保険) ソニー損保(自動車保険) セゾン自動車火災保険
(おとなの自動車保険)
イーデザイン損保(自動車保険)
SBI損保(自動車保険) ソニー損保(自動車保険) セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険) イーデザイン損保(自動車保険)
SBIホールディングス、あいおい損保、ソフトバンク出資の直販型自動車保険。保険料が走行距離によって変動しない。インターネット契約で最大6,000円引。新規だけでなく継続でも同額の割引が受けられる ソニー損保の自動車保険。保険料はやや高いが、事故時の初期対応の受付時間が長い。走行距離によって保険料が変わるため、休日ドライバーなど頻繁に運転しない人におすすめ セゾン自動車火災保険の自動車保険。事故率の低い40代・50代の保険料が割安。保険料の試算ページが分かりやすく、補償内容と保険料をチェックしながら補償を組み立てることができる 東京海上グループのネット専業の自動車保険。保険料の割引制度が充実。事故対応は専任担当者+スペシャリストチームが対応。平日9:00〜18:00に事故受付が完了すると当日中に連絡が入る
事故対応 24時間365日受付
初期対応
(被害者への連絡、代車手配、医療機関・修理工場への連絡等)
9:00〜21:00(土日祝含む) 0:00〜20:00(土日祝含む)
※20:00〜24:00は翌日の対応
平日9:00〜17:30
土日祝9:00〜17:00
9:00〜21:00(土日祝含む)
事故対応
(示談交渉、事故車確認、保険金支払い、各種手続き等)
平日9:00〜17:00 3時間以内に担当者連絡
※平日(月〜金)の9:00〜17:00に電話での事故受付が完了した場合
当日中に担当者連絡
※平日9:00〜17:30に電話で事故受付が完了した場合(土日祝は翌営業日)
当日中に担当者連絡
※平日の9:00〜18:00に電話で事故受付が完了した場合
1事故1担当制
1事故専任チーム制

1事故1担当制

事故解決ナビゲーター×エキスパートチーム

専任担当&スペシャリストチーム
示談交渉
サービス
中途経過報告
(インターネット・メール・電話・書面)

(電話・ハガキ・インターネット)

(インターネット、電話)

(インターネット、メール)
ロード
サービス
サービス拠点 全国約9,640箇所 全国約9,000箇所 全国約8,000箇所 全国約5,000箇所
指定修理工場 1,250箇所 420箇所 500箇所 400箇所
車の各種トラブルに対応
レッカー
サポート
◎ SBI損保指定の修理工場まで無料(契約者指定の修理工場の場合は50kmまで無料) ○ 35kmまで無料 ○ レッカーけん引&現場での応急処置合わせて15万円まで支払い(レッカー最大約300km相当) ○ 30kmまで無料
宿泊・帰宅費用サポート △※特約で対応 ◎ 自力走行不能の場合はすべて適用。帰宅費用・宿泊費用は実費・限度額無し *但し飛行機はエコノミー、ホテルはビジネスクラス等の条件あり - -
割引制度
  • インターネット割引…新規5,500円引、継続時5,500円引
  • 証券不発行割引…500円引
  • 新車割引…約9%引
※その他、ゴールド免許、使用目的、運転者限定、年齢条件によっても保険料割引を適用
  • インターネット割引…新規8,000円引、継続2,000円引
  • くりこし割引…走行距離に満たなかった分を翌年に繰越
  • 新車割引…3〜5%引
  • エアバック割引…約10%引
  • ABS割引…約5%引
  • 継続割引…約1〜2%引
※その他、ゴールド免許、セカンドカー、走行距離でも保険料を割引
  • インターネット割引…10,000円引、継続時10,000円
  • 証券不要…600円引
  • 電気・ハイブリッド車…1,200円割引
  • 早め継続…400円引
  • 2台目割引…600円引
※その他、ゴールド免許でも保険料を割引
  • インターネット割引…10,000円引
  • 証券e割…500円引
  • 新車割引
  • 早割…500円引
  • セカンドカー割引
※その他、ゴールド免許、使用目的、運転者限定、年齢条件、走行距離によっても保険料割引を適用
保険料試算* 人身傷害補償・車両保険なし 34,180円/年
※インターネット割引・証券不発行割適用
47,690円/年
※インターネット割引・家族限定割引・新車割引・証券ペーパーレス割引適用
45,440円/年
※インターネット割引・証券不要割引適用、ロードアシスタンス特約&弁護士費用特約付帯
46,800円/年
※インターネット割引・証券e割・早割適用、弁護士費用補償付帯
SBI損保(自動車保険) ソニー損保(自動車保険) セゾン自動車火災保険 イーデザイン損保(自動車保険)

*【試算条件】新規契約、運転者年齢条件:30歳、運転者家族限定特約:あり、免許の色:ブルー、使用目的:日常レジャー用、年間予想最大走行距離:5,000km未満、
お住まいの都道府県:神奈川、ノンフリート等級:6E等級、車種:小型乗用車(1,500cc以下)、型式:GE6、車名:フィット、ABS・エアバッグ:あり、車両保険:なし
対人賠償:無制限、対物賠償:無制限、無保険車障害:無制限(SBI損保・イーデザイン損保は2億円)、人身傷害:3,000万円、車両保険:なし

選び方トップに戻る

自動車保険の選び方(参考サイト)

参考:自動車保険の保険料及びサービス内容を比較・ランキング

選び方トップに戻る

▲ このページのトップへ戻る