がん保険の選び方を解説

がん保険の選び方

ページの現在地

トップ保険の選び方がん保険の選び方

保険の選び方

オススメ広告・保険の選び方アクセスランキング

ソニー銀行

保険の選び方 アクセスランキング

 

がん保険の選び方

給付金

「がん診断給付金」と「がん通院給付金」がもらえる保険を選ぼう

「がん診断給付金」は、がんと診断された時点でもらえる給付金です。また、「がん通院給付金」は、がんと診断されたあとの通院治療中にもらえるお金をさします。

がん保険の保障内容には、ほかに、がんによる入院で支給される「がん入院給付金」、がん治療のための手術をサポートする「がん手術給付金」等がありますが、最近のがん医療は、初期がんであれば入院や手術をせずに通院主体で治療するケースも多くなっています。そのため、がんとわかった時点でもらえる「がん診断給付金」や、通院治療をサポートする「がん通院給付金」の充実度をチェックしておくことで、重度のがんだけでなく初期のがんにも対応できるようになります。
がん治療開始直後は、検査費用や治療の準備等でなにかと費用がかかるため、「がん診断給付金」は給付額の多いものがおすすめ
また、「がん通院給付金」については、入院したあとの通院に限定しているがん保険が多くなっていますが、SBI損保のように、がん・上皮内新生物の治療を目的とした通院であれば入院・手術の有無を問わず支払うがん保険もあります。

がん保険の診断一時金&通院給付金を比較
アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん終身/がん定期」 AIG富士生命 
「がんベスト・ゴールド」
SBI損保
「SBI損保のがん保険」
アフラック「生きるためのがん保険Days(デイズ)」
アクサダイレクト生命 AIG富士生命 がんベスト・ゴールド SBI損保「SBI損保のがん保険」画像 アフラック(アメリカンファミリー)
コース例 シンプルプラン
(がん入院給付金日額10,000円)
お手軽コース 自由診療タイプ ベースプラン(Bプラン)
診断給付金 100万円※1回のみ
※上皮内新生物も同額保障
100万円
※回数無制限。2回目以降は前回支払いから2年以上経過後
※がん初回診断一時金も特約で付帯可能
※上皮内新生物も同額保障
100万円
※回数無制限。2回目以降は前回支払いから2年以上経過後
※上皮内新生物も同額保障
100万円※1回のみ
※上皮内新生物は10万円(1回のみ)
通院給付金 - - 最大1,000万円まで
(回数無制限)
1日につき 5,000円
(日数無制限)
通院給付金の支払条件 - - 診断確定したがんの治療目的で通院した場合 ガン・上皮内新生物の治療の治療目的の通院で下記の´△乏催する場合
〇安膽N鼎里燭瓩猟民
入院後365日以内の通院

選び方トップに戻る

対象となるがん

上皮内新生物等、初期がんへの対応は?

上皮内新生物とは、きわめて初期のがんを指します。がん保険を選ぶ際は、幅広いがんをカバーするという意味で、上皮内新生物も支払いの対象としているがん保険のほうが有利です

ただし、注意したいのは、がん保険の「上皮内新生物」の定義が商品ごとに異なっている点。

がん保険の「がん」および「上皮内新生物」は、厚生労働省の「疾病、傷害および死因統計分類提要」をもとに保険会社が定義していますが、この基準は医療技術の進歩によって数年ごとに更新されるため、いつの時点の基準を使用しているかによって、そのがん保険がカバーする「がん」と「上皮内新生物」の範囲が異なります。

上皮内新生物をカバーしているがん保険を探す場合は、契約のしおりや約款などで、それぞれのがん保険の上皮内新生物の定義についても確認してみましょう。一般的には、できるだけ新しく発効された基準を使用しているがん保険がおすすめです

<がん保険の「上皮内新生物」定義の基準>

分類項目 皮内新生物
アクサダイレクト生命
「アクサダイレクトのがん終身/がん定期」
平成6年10月12日総務庁告示第75号にもとづく厚生労働大臣官房統計情報部編「疾病、傷害および死因統計分類提要 ICD-10(2003年版)準拠」 基本分類コード:D00-D09
新生物の性状を表す第5桁性状コード:(/2)
AIG富士生命
「がんベスト・ゴールド」
平成6年10月12日総務庁告示第75号にもとづく厚生労働大臣官房統計情報部編「疾病、傷害および死因統計分類提要ICD-10(2003年版)準拠」 基本分類コード:D00‐D07、D09
SBI損保
「SBI損保のがん保険」
平成6年10月12日総務庁告示第75号にもとづく厚生労働大臣官房統計情報部編「疾病、傷害および死因統計分類提要ICD-10(2003年版)準拠」 基本分類コード:D00‐D07、D09
アフラック
「生きるためのがん保険Days(デイズ)」
平成17年10月7日総務庁告示第1147号にもとづく厚生労働大臣官房統計情報部編「疾病、傷害および死因統計分類提要 ICD-10(2003年版)準拠」 基基本分類コード:D00‐D07、D09
新生物の性状を表す第5桁性状コード:(/2)
オリックス生命
「がん保険Believe(ビリーブ)」
平成17年10月7日総務省告示第1147号にもとづく厚生労働省大臣官房統計情報部編「疾病、傷害および死因統計分類提要 ICD-10 2003年版準拠」 基本分類コード:D00-D09
新生物の性状を表す第5桁性状コード:(/2)

選び方トップに戻る

給付の回数&日数

診断給付金や給付金が複数回受け取れるものがベター

がんは、早期発見により大事にいたらないケースがある一方で、進行性がんや、がん発見の時期・発症した部位・治療法によっては長期の治療や入院に発展する場合があります。また、再発の恐れが高いのも、がんの特徴の一つ。そのため、入院時や手術時に給付金が出るタイプのがん保険では、給付金の支払い日数・回数に充分な余裕のある商品がおすすめです。とりわけ終身型のがん保険は、入院保障・手術保障とも無制限タイプのものが適しています。

現在販売されているがん保険は、入院・手術の支払い日数や回数に制限を設けないものが増えています。ただし、「がん診断給付金」や「通院給付金」については一定の限度が設けられているため、長期のがん保険を選ぶ場合は、一時金が複数回もらえるものや、通院給付金の支払い限度日数が長いもの等を選ぶと良いでしょう。

選び方トップに戻る

保険期間

定期保険は保険料が安く、医療技術の進歩にも対応できる

がん保険には、他の医療保険と同じく終身保険と定期保険があります。保障が一生涯続く終身型は、60歳などの早期払済にすることで定年後などの収入が少ない時期にがんになった場合でも費用面でのサポートが受けられるというメリットがありますが、がん医療の今後の進歩によっては、保障内容が現状のがん治療にそぐわなくなる危険性をはらんでいます。

一方、定期型のがん保険は、一定の保険期間がすぎると契約が更新されるため、徐々に保険料が上がるという欠点があるものの、保障内容や保障額をそのつどチェックでき、最新のがん保険に加入しなおすこともできるため、医療の進歩に合わせたがん保険選びが可能になります。また、保険料が終身型のがん保険と比較して大幅に安い点も大きな魅力です。

選び方トップに戻る

先進医療

保険がきかない先進医療への保障は?

先進医療とは、一般の保険診療の水準を超えた高度な医療技術のことで、一定の基準を満たした施設(大学病院など)で実施されています。一般の保険診療との併用が可能なため、検査・入院・投薬等では健康保険が適用されますが、技術料に関しては全額自己負担となります。

先進医療そのものは、がんになった人全員が受けるわけではなく、また高額なものばかりではないため、必ずしも必要な保障ではありませんが、がん治療で行なわれる先進医療(重粒子線治療、悪性腫瘤に対する陽子線治療など)には技術料が300万円を越す高額なものもあるため、備えておいて損はありません。

主ながん保険を比較
アクサダイレクト生命
「アクサダイレクトのがん終身/がん定期」
AIG富士生命 
「がんベスト・ゴールド」
SBI損保
「SBI損保のがん保険」
アフラック「生きるためのがん保険Days(デイズ)」
アクサダイレクト生命 AIG富士生命 がんベスト・ゴールド SBI損保「SBI損保のがん保険」画像 アフラック(アメリカンファミリー)
プラン例 シンプルプラン (がん入院給付金日額10,000円) お手軽コース 自由診療タイプ ベースプラン(Bプラン)
診断給付金 100万円(1回のみ) 100万円
(回数無制限。2回目以降は前回支払いから2年以上経過後)
※がん初回診断一時金も特約で付帯可能
100万円
※回数無制限。2回目以降は前回支払いから2年以上経過後
100万円※1回のみ
※上皮内新生物は10万円(1回のみ)
入院給付金 1日につき5,000円、1万円、1万5千円、2万円、3万円、4万円から選択
(日数無制限)
特約で付帯 無制限
(回数無制限)
※かかった費用の実費を支払い
1日につき5,000円
(日数無制限・入院1日目から)
手術給付金 特約で付帯 1回につき10万円
(回数無制限)
通院給付金 なし 最大1,000万円まで
(回数無制限)
1日につき 5,000円
(日数無制限)
先進医療 特約で付帯
※月額75〜80円
がん先進医療給付金:1療養につき最高500万円、通算で最高1,500万円まで
入院給付金・手術給付金の
支払いに準ずる
特約で付帯
死亡保障 なし なし なし
保険期間 10年間 終身 5年間 終身
※ガン先進医療特約は10年自動更新
終身
保険料 35歳時加入:男女: 790円/月
45歳時加入:男女:1,280円/月
55歳時加入:男女:2,550円/月
35歳時加入:男性:1,700円/月、女性:1,300円/月
45歳時加入:男性:2,730円/月、女性:1,680円/月
55歳時加入:男性:4,390円/月、女性:2,060円/月
35歳時加入:男性:1,160円/月、女性:1,910円/月
45歳時加入:男性:2,290円/月、女性:3,660円/月
55歳時加入:男性:4,930円/月、女性:5,590円/月
35歳時加入:男性:2,335円/月、女性:2,440円/月
45歳時加入:男性:3,645円/月、女性:3,385円/月
55歳時加入:男性:5,920円/月、女性:4,145円/月
35歳時加入:男女:1,480円/月
45歳時加入:男女:2,190円/月
55歳時加入:男女:3,240円/月
アクサダイレクト生命 AIG富士生命 SBI損保「SBI損保のがん保険」 チューリッヒ生命

がん保険の選び方(参考サイト)

参考:がん保険の保険料及びサービス内容を比較

選び方トップに戻る

▲ このページのトップへ戻る